日々の思いを綴ります。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ドリ東(追記済)
2008-05-16 Fri 20:41
本当は別のブログでライブレポを書こうかとも思ったのだけど、サンホラネタは既に色々書いてるのでこっちで書く事にしました。


さて、今回は1曲目からスタンディングでした。さすが3回目。
でも、一番前のブロック以外は結構座ってる人も多くノリが悪い。
なんてたって私の前の2列なんて誰もいなかったしね(途中から興味なさそうな関係者の家族連れみたいな人達が来てました)。
それに構わず私は立ち上がり、一人拳を空へと突き上げてましたwww

梶浦さんサイドに特に変更はなかったけど、MCは大幅にカットされてたかな。
梶浦さんサイドはメンバー紹介くらいしかMCなかったイメージが。
前回が横浜の思い出とかで時間かかりまくったのもあるから余計にそう感じたのかもしれない。

YUUKAさんが登場したあたりから、やっと周りの人達もノッてきたような。遅すぎ!!

SHサイドになっていきなり周りの人のテンションがあがる。なんだ、こっちのファンか。
陛下はバナナを持って登場。革命先生からの差し入れだそうだw
今回はSHメンバー全員分のバナナがあったから凄い量だった。
梶浦さんが「逆さにすると王冠みたい」というと、それを実行しようとする陛下。
かわいすぎる。
メンバーにバナナを手渡すも、坂さんを忘れて「1本余った~」って言ってファンから「坂さんの分でしょ!」と言われる陛下。
可愛すぎる。
バナナが上手く食べれなくて陛下に「バナナ切ってもらわないと食べれない子供か!」って言われてるREMI。
カワイスギル。

そんなこんなで超重力。思い切り←↓↑やってきた!
でも、終わった後陛下がバナナをかぶったキティちゃんを持って超重力したかったのに忘れてた!と発言。
勿論、会場からは「じゃーもう一度やって!」の声。
そしたらアカペラバージョンでやってくれた。歌詞は「ほにゃらら~」だったけどwww

その後は前回と同じ感じで進んでいったかな。
ただ、アンコールで梶浦さんサイドが歌う「緋色の風車」の原曲を皆に聞いておいて欲しいとの陛下の考えで原曲バージョンが増えてました。
これは凄く嬉しかった。
でも良く考えたら、「<ハジマリ>のクロニクル」がカットされたんだった_| ̄|○l|l

あと次のアルバムに入る「冥王」ですが、ライブでは3分くらいだけど本当は8分あると情報公開。
どんだけ長いんだwww
発売日も決まったものの「まだ出来てません!」との事なので陛下には頑張ってもらいましょう。


黄昏の賢者と澪音の世界はいつものように盛り上がりました。
ただ、ラストの曲名は会場の皆の気持ちが1つになると表示されるという展開で「ヤンマーニ(あんなに)一緒だったのに」が出てきて、陛下が焦ってたw
「ここはカットで!」ってチョキチョキしながら言う陛下に萌え。

あと、どこのシーンだったか忘れたけど、じまんぐが陛下の首元に顔を近づけた時の黄色い悲鳴が忘れられませんww


アンコール時は手拍子しながら「砂塵の彼方へ…」の合唱部分(ラララーラララーラ…ってやつ)をファンが自然に歌い出してアンコールが始まるのを待っていました。
さすがSHファン。こういう時は歌いだすのねw



アンコールでの緋色の風車では、「少年は剣を」の3曲がミックスされた梶浦さんバージョンなのですが、原曲で「物語を口ずさむのは誰の口唇」という歌詞の「誰の」を「Revoの」と書いて「彼の」と歌わせていたそうなんです。
でも、今回最後だということで「Revoの口唇」と歌ってました!!

そして先ほどもちらっと書いた「ヤンマーニ(あんなに)一緒だったのに」をSHサイドで。
「nowhere」の「ヤンマーニ」って歌詞と梶浦さんの名曲「あんなに一緒だったのに」を交ぜたものです。
ホント陛下の頭の中がわからない・・・。

最後は陛下と梶浦さんが合同で作詞作曲した「砂塵の彼方へ…」を全員で熱唱。
早くCD発売してほしいです。予約してあるけど、手元に届くのが待ち遠しい!

特に記憶に残った部分だけをレポにまとめてみました。
ただ、またしても4時間弱だったのでライブ終わったの23時w 
梶浦さんサイドのMCがカットされてなかったら何時になってたんだろう。ああ、恐ろしいw



あ、最後にセットリストだけ紹介。順番間違ってるかもしれないけど曲名はあってるはず。
<梶浦さんサイド>
「oblivious」
「傷跡」
「salva nos」
「key of the twilight」
「vanity」
「fake wing」
「媛星」
「目覚め」
「zodiacal sign」
「暁の車」
「nowhere」
「silly-go-round」

<サンホラサイド>
「即ち…光をも逃さぬ暗黒の超重力」
「朝と夜の物語」
「石畳の緋き悪魔」
「冥王」
「Baroque」(インスト)
「さつきの箱庭」
「シュバルツヴァイス」
「Io mi chiamo…」
「終端の王と異世界の騎士」
「死せる乙女その手には水月」
「緋色の風車」
「黄昏の賢者」
「澪音の世界」

<アンコール>
「緋色の風車」
「ヤンマニ(あんなに)一緒だったのに」
「砂塵の彼方へ・・・」



<追記>
そうそう、バンドメンバー紹介の時。
jakeが、まさかのピアノ演奏してくれました。
なんか写真集ではフルート吹いてる写真あったし、今回は見事なピアノを奏でてくれたしSHメンバーは多才能の人が多すぎだと思います。
そして笑いのツボもしっかりおさえているなんて最高だね!
スポンサーサイト
別窓 | 趣味・音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<安らぎの場所より | 十六夜日記 | 愚痴>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 十六夜日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。